●ハイクラス

Core i7 7700HQ (DELL XPS15 15インチ 4K)
6908

●エントリークラス

Core i7 4600U (Zenbook infinity 正確には 4558U)
2767

Core m5 6Y54 (DELL Latitude 7370)
2634

Core i7 2640M (SONY VAIO Z / VPCZ2)
2415

Celeron N4120 (BMAX 2-in-1 Y13)
2480

※ アイリスオーヤマの Luca はこのあたりです。

Celeron N4100 (mouse C1)
2463

Core i5 2450M (SONY VAIO SE / VPCSE1AJ)
2160


●ロークラス

Core i5 520M (DELL Latitude E4310)
1674

Core i3 3110M (SONY VAIO SVZ1311A)
1613

Core M-5Y51 (MacBook 2015年3月
1532

Celeron 4205U (DELL INSPIRON 3538 )
1278

Celeron N3350 (ドンキ PC - MUGAストイックPC3  2020年8月 約2万)
1113


●ローエンド

Atom x5-Z8350 (ドンキ PC - MUGAストイックPC1  - 2017年 /2  - 2018年)
952

Core 2 Duo T7250 (VAIO FZ   2007年)
662

Atom Z520 (VAIO P  2009年1月)
240


2020年8月の新PCレビュー
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/feature/1272476.html

過去のハイスペックモバイルと最近のコスパPCとの比較(6年前のハイスペックは今のコスパ PC 相当。)
https://windroid.work/2020/04/cel-i5.html/

※ただし、日本のローエンドは2021年現在ももっと低性能です。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/hothot/1276386.html
https://p-man.org/iris_ohyama_luca_note_pc.html

この週末、VAIO VPCZ2 を使っていたのですが、
当時のモンスター PC が、今の アイリスオーヤマ Luca に近いスペックになっています。

Luca の CPU についてボロカス言っている人もいますが、
文書作成と画像編集、プログラミングであればこのレベルでも十分
動画編集であっても 1080p で Movie maker レベルであれば問題ないです。

4GB だったとしても、Chrome で15タブくらいまで開いても問題はありませんので、よっぽど極端な使い方をしない限りは大丈夫ですが、 64GB ディスクについては全然足りません。
ウィンドウズアップデートや主要アプリケーション保管、編集用ファイル保管に、少なくとも 128GB ~256GB位はほしいですね。

それ以外は Luca でも問題ないかもです。
値段は3万くらいが妥当だと思います。
8年位前のほぼ同等(しかもより高い)スペックで、より軽いPCが1万円くらいで手に入るので、
もう少し安くないと…。
それでも、ドンキ PC よりは良心的かなと思います。