色調明度ともに調整済みです。
また、一部クロップしてます。

DSC_5948

DSC_5949

DSC_5950

DSC_5973

DSC_5993

DSC_5995

 DSC_6100

DSC_6110

DSC_6111

DSC_6131

DSC_6134

DSC_6144

DSC_6166

DSC_6176


DSC_6180

DSC_6182

DSC_6188

DSC_6195

DSC_6197_2

DSC_6197

DSC_6198

DSC_6201

DSC_6202

DSC_6209

DSC_6217

DSC_6226

DSC_6229

DSC_6231

DSC_6233

DSC_6246

DSC_6252

DSC_6260

DSC_6261

DSC_6280

DSC_6281

DSC_6285

やっていて思ったのですが
写真を撮る以上に後で調整するのが好きなのかもしれません。

Xperiaはいつの間にか地味な写りになり、加工素体として使いやすい写真になってきていますが、iPhoneは青空がいつも同じ色になってしまったり、Samsung Galaxy(S20等)は緑がいつも春の新緑になってしまったり、ファースウェイも夜がすごいといいながらもいつもド派手ナイトにしかならず。

盛ることに集中しすぎて使いづらい絵だなあと思います。

上に挙げた機種はどれもホワイトバランス、暗所ノイズ、背景ぼかし、ズームなどには等しく非凡な性能をほこりますが、味付けが濃すぎるなあと思います。
弄る余地ならXperiaかな。

今回のプリンや、以前のバーガーなどを見るとこの機種の飯適性は優れています。撮っていて楽しい機種ですよ!

唯一若干気になるのはバブルボケかな。マクロ使うと案外ぼかせるけれども、バブルボケはすこしきちゃない。