基本的に masayu-i のペーパークラフト制作は FLASH8(古!) を使って続けています(投稿日時点)。
計測、コピー、カラーピッカーなどの操作感が気に入っているので、そのまま使っています。

今回も、タイトル通り今時点での masayu-i のペーパークラフトのほぼ最新モデルといってよい STAR DESTROYER 制作を振り返っていきます。

DSC08132

DSC08136

DSC_2240-2

●決定の経緯

作ると決めたのは、Millenium Falcon 公開の後です。
あの時は、自粛と GW が重なり、基本的に古い型紙の公開も飽きてきて、そろそろ新モデルを作成したいなとなりました。
STAR DESTROYER は、かなり簡単な面から構成され、
将来的に SUPER STAR DESTROYER を作るためのテストとして作るのに
有用だと思いテストモデルとして、開発を開始しました。


●制作話

他のペーパークラフトもそうですが、ネットで模型写真、プロップ写真、3面図的なものを大量に取得し、取捨選択して再構築するという形で 模型の型紙を制作します。
今回の STAR DESTROYER については、細部の資料が部位によって豊富だったり部位によって少なかったりと、資料が十分でなかったかもしれませんが、SUPER STAR DESTROYER との比較用に小さいモデルとして作ることを前提として設計したため構造としてはかなり簡易にする方向で決めて設計しました。
過去一シンプルな構造でできのいいモデルであると自負しています。

バンダイの3面図は使わず、違うものを参考にしましたが、出来上がりはそっくりになりました。
大体同じ規格なのだと思います。
細かい点はやはりモデルごとに異なるため、もう「えいや」で作りました。
左右で本来かなり異なる被弾修復痕ですが、忍耐不足か、あまり散らせなかったなぁ。

●一番怖かったこと

特になし。


●一番気に入っているところ

スラスターのバーナーの色合いですね。ここは、比較的早めに用意しました。
また、艦橋(前)とそのネックの後ろは、かなり凝っています。


●多少なりとも心残りがあれば

艦橋後部が抜けの状態で終わらせたことかな。
本来は、2~1.5 cm で想定したモデル(おまけ的なほうが、本体)なので、
これでもギリでしたが。

●最後に言いたいこと

おそらく、リアル系で世界一簡単なスターデストロイヤーだと思います。
ぜひ一度作ってみてください!

完成の折は、ぜひ感想やお写真などをお知らせくださいね、よろしくお願いします。


型紙はこちら!



※ 以下にリンクを掲載中!
http://www.tamasoft.co.jp/pepakuradb/


DSC08140

DSC08132

DSC08134

DSC08135

DSC08137