DSC02597


スペック比較:
hikaku

Screenshot_20190608-211128

上記スペック表で、3機種の比較のうち、より良い値を赤で表記しています。
Xperia1 と Xperia10 、Xperia XZ3 の3つを比較した場合、
赤字1つを ★1つで表現した場合、以下のようになります。

 Xperia1: ★15
 Xpeira10: ★10
 XpeiraZX3: ★6

XpeiraXZ3 がやけに魅力がないですよね・・・
確かに、 Xperia1 のスペックはとても高いのですが、サイズ、重さ、有機 EL
のところを考えると、Xpearia10 のほうが、コスパがよかったので、
先に販売された Xperia10 の購入を決定しました。


● Point 1 | 「Xperia10」は、革新的機種である「Xperia 1」 の特徴の多くを備えている

 Xperia 1 から引き継いでいる主な特徴は以下の通りです。

・革新的 21:9 ディスプレイ
・使いやすい 2画面設定
・ノッチなしのベゼルレスフラットディスプレイ
・薄型フラットボディ
・軽量筐体
・ボディ側 複眼カメラ

ノッチなしのベゼルレスフラットディスプレイについては、
 Xiami Mi MIX2(参考URL: http://urx3.nu/StGT
などでも実現されており、実は自分もこの機種には大変関心がありました。
日本メーカーの機種としてはおそらく初と思われます。

ボディ側複眼カメラは、引き継いでいる事実があるので書きましたが、
Xperia10 のものは殆ど意味がないのであまり深く考えていただかないほうがいいと思います。
食べ物や花などの近接撮影時の背景ぼかしがしやすい(多少不自然になることも多い)
という機能のみで、ズーム的な画角変更はできません。


● Point 2 | 「Xperia10」は、革新的機種である「Xperia 1」 をいくつかの点で越えている

 私が考える Xperia 1 よりも Xperia10 が優れている点は以下です。

・イヤホン(ステレオミニ)ジャックがある
・より小さく、軽い
・液晶のほうが好み
・価格が安い

これらを個別に見ていくと、

・イヤホン(ステレオミニ)ジャックがある
イヤホン(ステレオミニ)ジャックがあるというのは、Xperia1 でない最大の理由に近い気がします。
Blutooth は接続が切れることがある上に充電の問題もあるので、現在のところ使いやすさとしては通常の端子のほうが使い勝手はまだ上のように思います。

・より小さく、軽い
サイズについて、幅は Xperia の Compact モデル + 3㎜ 、厚みは -1 ~ -4㎜ 程度で、Xperia XZ2compact とは、持ったときの ”サイズ感” は大きくは変わらないので、とにかく持ちやすいです。

ちょっと前までのフラグシップである Xperia XZ シリーズは、
Xperia XZ2Premium (5.8インチ 236g | 80㎜×158㎜×11.9㎜) や、
Xperia XZ3     ( 6 インチ 193g  | 73㎜×158㎜×9.9㎜) がバカでかくバカ重かったことを考えると、

今回発売された Xperia1 をふくめた新シリーズは、
Xperia1      (6.4インチ 178g | 72㎜×167㎜×8.2㎜) や、
Xperia10      ( 6 インチ 162g  | 68㎜×156㎜×8.4㎜) であり、恐ろしく小さく、軽いなと思います。

そして、Xperia1 と 10 だと、コンパクト寄りの 10 は、より持ち出しやすいですよね♬
この細さと軽さを備えた液晶機種は、2019年6月初旬 現在では唯一無二のため、やはり買ってよかったなと思っています。


・液晶のほうが好み
有機 EL は、色鮮やかになるのと黒表現力が高い面は非常に良いのですが、
経年劣化がしやすく、
特に焼き付きを起こしやすいところと黄ばみやすいところが難点と思っています。
そのため、最初から液晶モデルを望んでいました。
有機と比較すると、液晶のほうが漆黒は苦手ですが、そこからのグラデーションについては液晶のほうが有利ということでした。

ただし、非常に美しいと評価されている Xperia 10 の液晶ですが、
解像度がもう少し低い Xperia X compact の発色のほうが
色表現が可能な範囲が広いですし、好みですので、
過去の Xperia と比較して画質面でより良いのかどうかは、
正直なところ今一つと思います。


・価格が安い
Xperia10 は 直前のフラグシップである XZ3 の 1/2 以下の価格、かつ、
Xperia1 の 1/3 以下の価格で、とにかく安いことがよいです。
やっぱりコスパ最高。


● 「Xperia10」に弱点はないのか?!

その代わりといってはナンですが、

・ほんのたまーに負荷がかかりすぎてフリーズすること、
・バッテリ節約モードのパフォーマンス劣化が激しいこと、
・液晶品質は Xperia X compact / Zenfone 5z には及ばないこと(以下イチゴなどで比較)
https://www.youtube.com/watch?v=2M0XCH9q3YI
・カメラの画質は悪くはないが、中古で1万程度で買える Xperia X compact のほうがはるかに高画質
http://masayu-i.blog.jp/archives/1074699809.html / http://masayu-i.blog.jp/archives/1074504508.html

など、弱点・問題もたくさんあります。
他に強力な機種があったり、多少待てる広い心があることが大事かなと思います。

パフォーマンスに関しては、
MarioRun や 逆転裁判6 / 大逆転裁判2 などの 3D アプリケーションでも、割とスムーズに動きます。
ですが、どちらも 21:9 の画面比率に合っていないだけでなく、
逆転裁判系は、操作がままならないこともあるので、注意が必要です。

PPSSPP / Drastic / ePSXe 等についても、設定次第で割とスムーズに動きますので、
その点もパフォーマンスの心配はそこまでいらないと思います。

 ● 作例 (編集済み)
DSC_1359-2

DSC_1358

DSC_1355

DSC_1347