2018年7月現在は以下から視聴できます。
20秒前後のシーンです。

https://www.youtube.com/watch?v=Gw5E8Jm4EBM

疑惑のショットはこちら。

PARAMAUNT


アップはこちら。

2


比較検証していきます。


日本のイージス艦は、いわゆるアメリカの
アーレイバーク級イージス艦をカスタマイズしたものです。

日本のアーレイバーク級相当のイージス艦。
あたご級 あしがら のペーパークラフト

asigara


日米 イージス比較。
手前は日本のこんごう級きりしま。奥は、アメリカのアーレイバーク級フィッツジェラルド。
日本のこんごう級やあたご級のほうが、アーレイバーク級より艦橋やマストが高い位置にあり、トップヘビー気味に見えます。

ce3ffc99

横須賀に係留され、調整中のアーレイバーク級イージス。

eigis1

e2b18733

0ac37a47

7c904288

84a27463



さて、これらの比較ショットを掲載します:

hikaku

全体的にぼけているので、こちらで作ったトレースの青の想像着色図も境界があいまいなのですが、
アーレイバークが一番きっちりハマる気がします。
船の後部は、ヘリの格納庫だったりして、詳細の装備が艦船ごとに細かく違うのと、写りがあいまいなので、割愛し、スケールと煙突、マストの位置で測ったほうがよさそうです。

総合的に位置はアーレイバーク級とほぼ完全に一致しますので、アメリカのイージスと思っていいと思います。

以上です。