他の比較記事はこちら: http://masayu-i.blog.jp/archives/cat_1221071.html

色味彩度と濃淡は後工程である程度調整できるので、
ダイナミックレンジと解像度(特に解像)を比較するのにちょうどいいサンプルです。

比較2

比較3


Xperia Z2                                            Xperia Z Ultra
hikaku Zultra
左は Xperia Z2、右は Xperia Z Ultra ですが、
Z Ultra のほうが明らかに圧縮が強くて解像が悪いです。
タイル、コーン、グラウンドのライン、電線、柵、木の解像など 顕著な差がある。
特に気の解像は露骨に違っており、Xperia Z Ultra のものはほぼ溶けているといっていい。


Xperia Z2                                            WX500
hikaku WX500
左は Xperia Z2、右は WX500 ですが、
WX500 のほうが色が強めで、
黄屋根、校庭の黄色のラインや C型オブジェなどで
有意な差があります。
Xperia Z2 のがシャープネスが強めで WX500 のほうが自然です。


Xperia Z2                                            RX100(DRO5)
hikaku RX100
左は Xperia Z2、右は RX100 です。
RX100 は Dinamic Range Optimiser 5 を適用しており、
隅々まで色が出ているような状態です。
通常だと、写真化する際、調整して追い込みますが、素材としてはこの形が理想になります。
また、解像度については、RX100 は理想的な感じになっていると思います。


Xperia Z2                                            RX100(色調調整済み)
hikaku RX100_2
左は Xperia Z2、右は RX100(調整済み) です。
RX100 は DRO からの色の調整を実施しています。
やっぱり、 1/2.3 インチセンサーの Xperia Z2 では
1インチセンサーの RX100 には全くかなわないですね・・・。


RX100(調整済み)                                       WX500
hikaku RX100_3
左は RX100(調整済み)、右は WX500 です。
RX100 は DRO からの色の調整を実施しています。
色はほぼ同等。
解像度はやっぱり若干 WX500 が劣り、
RX100 はほぼノイズレスですが、WX500 はザラザラ感が若干あります。
やっぱり、 1/2.3 インチセンサーの WX500 では
1インチセンサーの RX100 にはかなわないですね・・・。