DSC05841

DSC00383

VAIO P は、VISTA 時は、散々軽量化という名のサービス停止を行ってきたが、
どうもスピードアップしないどころか、どんどんモッサリしてゆき、
同時にバッテリの持ちがわるいことで、ほとんどモバイルしようがなかった状況だった。

しかし、フルキーボードと、同等サイズの横長大画面の究極のミニマムモバイル
というオンリーワン製品であり、
キーボードの品質もサイズにしては非常によかったということから
外側の魅力はあふれんばかりであった。
一方、そのどうしようもない低スペックぶり、スペック以上のモッサリぶりが、
ユーザ体験を乏しいものとさせ、がっかりさせていったのは言うまでもない。

HDDをSSDにするなどのハードウェアを交換しても
ベースのバス幅が狭すぎるせいでほとんど高速化しないという噂すらある
モッサリさんだが、このたび Windows10 導入で
劇的に改善したように思う。

完ぺきではないが
許せる範囲の起動、挙動スピードになってきたと思う。

こんな低性能機を活躍可能にするなんて
Windows 10 は、偉い!
ということなのかもしれない。

性能的には、ベーシックなスマートフォンにも劣るかもしれない程度で
Windows を無理やり動かしているといったようなイメージだが、
それでも、低性能対応の Windows10であれば問題なく挙動するので
もうしばらく使ってみようと思う。

つい昨年、VAIO がソニーでなくなり VAIO株式会社になったが、このことで、
この VAIO P のようなPCを最新の技術で作るべきと
私は思うなぁ・・・。